落語家 新作落語 愛犬 三遊亭円丈落語の世界

落語関係

円丈トリ日記シリ-ズ19/03/20 更新中!!!:「池袋演芸場3月中席昼トリ日記月中席(11~20日)、池袋演芸場・昼席トリ日記

【池袋のトリ!久々できんちょうするな~~あ。ドキドキ、・・さてどうする】

さて、ホント久々の池袋演芸場のトリ、去年は池袋とりはどうだっただろう?
しかし、久ぶりでも久し振りでなくても、割と相性がいい!

支配人にお願いして「ご乱心」文庫本を売らしてもらう。わん丈に売らしたら、
なんとあっという間に10冊うれた。そんなことより、今日やるネタ!
 いやいや、ネタ選びも楽しい!10日間、頑張ります。ヤルヨ~~!
(ちかじか、画像はるかんね!どうも画像の縮小の仕方を忘れて・・・。
あ~~~あ、もう情けない!

初日(11日)・・平日昼なのに満席!「噺家と万歩計」

 うれしいね。今日は平日の初日だけどほぼ満席!ただあまり円丈の頭の調子はここんとこ良くない。台本を見ながらやってもトチル!それじゃだめだろ。

とにかく、マクラで、東京36年ぶりの大雪で池袋に出た時、客の足跡を数えてから、落語をやったマクラをふって、割りと失敗の少ない「噺家と万歩計」をやる。まあ、そこそこそのウケ!
今日のお客さんは、かなりの落語を知ってる。定連さんと、あまり知らない御客さんの混成部隊。ほど良く受けてくれて、よかった。
 本は10冊売れたし、あしたもうるぞ。エイエイオ~~~ウ!!(円)

二日目(12日)・・・よく間違えた、良く笑った「悲しみは埼玉に向けて」

いやいや、この芝居は新宿・末広から、池袋昼席のトリ!結構、きつい。
もう少し当日のトリネタを稽古をしたいが、なかなか、稽古が思うようにできない。
この日は「悲しみは埼玉に向けて」をやるが、うまく、良く笑ってくれるが、良くトチル!
悔しい!明日はリターン・マッチだ。

三日目(13日)・・・今日は絶対コケられない・・で・・「シンデレラ伝説」

 昨日は結構ウケたけど、トチリ過ぎ!そこで今日は、ダブル作戦!今回は、新宿末広と池袋の2軒に出演!そこで、今日は2軒で同じネタをやり、ネタを2度連続でやり、ネタをガッチリ固めてかめてそれを、ドーンとトリにぶつける。
 マズ新宿でドーンといウケて、その勢いで、池袋でドカーン!!!いやいや、きょうはいけぶくろも受けた。いやいや、ほっとしたね。あすhが。仕事で休み。さあ、15日から、また頑張ってうあるよ。

四日目(14日)・・・「ごめんごめん!今日はお休み」

そういうことで今日は休み!ごめん!明日から、頑張るっちゃ!

五日目(15日)・・・鉄板ネタの「グリコ少年」が、鉄板じゃなかった。

あまり調子は良くないが「グリコ少年」をやる。このネタは、調子の悪い時も外さない。
スーパー鉄板ネタなのだ。ただこの日、お客さんに配るグリコ・キャラメルを持ってくるのを忘れた。池袋北口のある駄菓子屋で買う、ここはかなりの駄菓子が揃ってる。
 しかも寄席から2分!だが、あの一粒300mおまけ付グリコキャラメルがなくて、
一粒で2度おいしいグリコ・アーモンド・キャラメルしかなかった。そのせいかいつもほど ウケ
なかった。残念!
今日は今日、明日は頑張るぞ!!ウオ~~~~ッ!

六日目(16日)・・・復活の「夢一夜」だ!

昨日は、ウケがやや悪かった。今日は土曜日だし、チャンと立ち見まで出てる。
今日こそ、ドカーンと行かないとね、朝5時に目が覚めて寝床の中でぶつくさと「夢一夜」の稽古。何とか行けそうな感じ。
 この日は陽気なお客さんでドカ-ンと笑ってくれた、中でも小学4年の女の子が、ゲラゲラと良く笑ってくれた。円丈がいつも言ってることだが、小学校高学年の子が、あらゆる世代の中で一番感度のいい世代だと云ってる、あらゆる価値観をぬきで純粋の感性で笑う。
 それから円丈と同じ郷里、名古屋からきたくれた若夫婦もいた。
明日はムービー落語「タイタニック」をやりたいが、果たしてどうなのか?・・・わからん!

七日目(17日)・・・約束通りムービー落語「タイニック」

今日は、、前からやろうと思っていた「タイタニック」をやった。それなりにウケたけど、もう少し、分かり易いネタの方がよかったようにおもう。稽古不足もあり、いまひとつ、バシッと来なかった。いやいや、落語は難しい。いやいや、反省反省!懲りずの明日もやるぞ~~っ!

八日目(18日)・・・圓生指導の「名古屋弁錦明竹」!さああ、どうだ!!

 いやどうもこのところ片頭痛っていうのか」?熱はないけど。頭がいてえ!
でも寄席が二軒。一軒が、池袋のトリ、クエ~~~ッ!
 圓生直伝の名古屋弁錦明竹」。じつは新宿末広でやった。
いやいや、パツカンパッ~カン、ウケたね。
 その勢いで池袋出やったら、とちる、とちる!それなりにはうけたけど、
ボ~~ッとして、集中できない。いやいや、ソコソコ、うけたけど、今日もう一回
リターンマッチくぉするか?それとも・・。ひゃあ、アッタマ、イテ~エ!!

九日目(19日)・・・何とか覚えて「ランボー怒りの脱出」

ここんとこ、どうも記憶力が良くない。もうずいぶんやってる噺だけど、全然、噺を覚えな。しかし、お客さんの入りはいい。毎日、9割以上入ってる。何度も稽古して、やっと出来る感じになった。
この芝居は、大体、そんなに落語を知らないお客さんお客さんに、2~3割の新作ファンあるいは、円丈ファンの感じ。後半になってやっとお客さんのエンジンぜんじゃう全快という感じ。
 円丈不朽の名作アクション落語「ランボー怒りの脱出」だ。お客さんが、笑い出すのがやや遅かったが、だんだん、お客さんさんもはまって行って、最後は、ドカーンとはじけた。
まあまあだと思う。

十日目:千秋楽(20日)・・・楽は愛犬落語「やぶ椿の蔭で」

 千秋楽は、やっぱ「やぶ椿の蔭で」あたりがいいね。もうただ笑うだけじゃなく、何となく ホンワカとした感じのする愛犬落語「やぶ椿」だね。
 この日も、ほぼ満席、良く毎日入ってる。千秋楽のラストの一席は、多少なりとも聴かせる噺を!そこでストーリィ上も聞かせる 「やぶ椿の蔭で」にした。まあ、結構よかったとおもう。それから売店で「円丈全集」1・2、そして文庫本「ご乱心」も売る。結構買ってくれてありがとう!!、



<十日間のまとめだよ・・・10月31日新宿余一会昼席円丈、小ゑん二人会もよろしく>

この10日間、いやいや、体調のあまり調子のよくない、頭のボウ~ッとした日もあった。しかし、何とかその辺も乗り越えた。それによくお客さんが入った。
 もう感謝、感謝、もうひたすら感謝だね。

10月31日、新宿末広亭・余一会・昼席・「円丈小ゑん2人会」2人とも二席ずつやる。

 円丈は2席とも古典落語。しかも2席とも圓生直伝ネタ
 ・ 「名古屋弁錦明竹」、・「居残り佐平治」の2席」!必見だよ!!!!


新宿末広亭10月下席昼席トリ(21~30日)

【円丈高座の秘密】

今年初め笑めての新宿のトリ、やるぞ」。

見出し

見出し

内容

↑ページ上へ戻る